2012年6月2日土曜日

AllThingsD(D10)でティム・クック、アーロン・ソーキン、ラリー・エリソンが故ジョブズについて語る

このエントリーをはてなブックマークに追加  



2012年5月30日から米カリフォルニアで開催された「All Things Digital (D10)」では、ティム・クック、アーロン・ソーキン、ラリー・エリソンらが故スティーブ・ジョブズについて語った。

以下、動画と主な情報サイトのリンクなど。


ティム・クック(アップルCEO)

スティーブだったらどうするか、とは決して考えるな
アップルCEOが語るジョブズの教え「楽しみは旅自体に」 « WIRED.jp

「人生の楽しみはその過程にある。命ははかないものだ。明日が確実に来るなどという保証はない。余計なものは全部捨てろ。」
AppleのCEO、ティム・クックがジョブズから学んだこと―「何より大事なのは集中」- TechCrunch




アーロン・ソーキン(脚本家)
ソニー・ピクチャーズ配給によるジョブズ伝記映画の脚本を書くことが決まったアーロン・ソーキン氏。過去の作品に「ソーシャル・ネットワーク」など。


また1行も台本を書いていないようだった。
私にアピールした摩擦ポイントを特定してそれを脚色していく。
「そこに失望の地雷地帯を見た」「写真ではなく絵画」
アーロン・ソーキンのスティーブ・ジョブズ映画は「生涯を描く」伝記にはならないだろう - TechCrunch

公式伝記とは全く異なったタイプになる。
ビートルズについて書くようなもので、脚本を受けるのを迷った。

”ゆりかごから墓場まで”という構図では書かない
脚本家アーロン・ソーキン氏、スティーブ・ジョブズ氏の映画について語る - WSJ日本版 - jp.WSJ.com




ラリー・エリソン(オラクルCEO)
Pixar社長のEd Catmullと一緒に登壇したのがオラクルCEOのラリー・エリソン。共にジョブズがアップルに復帰する前から深く関わる人物。孔雀の話は初耳だった。


世の中にはユニークすぎてコピーが通用しない人たちがいる。
「脅迫的神経症+奇妙な天才」「ピカソの審美眼とエジソンの発明力」
スティーブ・ジョブズのようになりたいって? 多分無理だろう。永遠の大親友ラリー・エリソンが語る - TechCrunch

味の付いた水でしか実績を残していない人物の代わりにスティーブを解雇したのは、とんでもない過ちだったと思う。

「うちはモルタルなんか使ってない。使ってるのはガラス&スチールさ」
Long Tail World: ラリー・エリソン、親友ジョブズを語る(動画):Steve Jobs Remembered By Larry Ellison @allthingsd

スティーブ・ジョブズをモデルにする、というのは『ピカソみたいに描きたいんだけど、どうすればいい? もっと赤を使ったほうがいいかな』と言ってるようなものさ
「ジョブズはピカソ」〜 ラリー・エリソン、ジョブズを語る | 田園Mac



Related Posts
コメントを投稿

年代別タグ

1983 (1) 1984 (1) 1997 (2) 1998 (4) 1999 (4) 2000 (4) 2001 (5) 2002 (4) 2003 (3) 2004 (4) 2005 (5) 2006 (4) 2007 (4) 2008 (5) 2009 (4) 2010 (6) 2011 (5) iMac (4) iOS (4) iPad (2) iPhone (5)